設立趣旨

Who we are

一般社団法人ソーシャルビジネス・コンサルタントグループ(以下「SBCG」とします)は、ソーシャルビジネスの支援に強い意欲を持つ中小企業診断士をコアメンバーとして設立したコンサルティング組織です。

日本そして世界には、貧困、教育、子育て、環境、高齢者・障がい者の介護・福祉、農山漁村振興等の社会的問題が山積しています。これらの課題解決に取り組むソーシャルビジネス(法人格等は問いません)に対して経営支援を中心とした活動を行い、もって健全・公正で持続可能な社会の実現に貢献することが、SBCGの目的です。

活動内容

What we do

社会課題の解決を通じ、持続可能な社会へ

中小企業診断士を中心としたソーシャルビジネスコンサルタントが、ソーシャルビジネスに対して経営支援を中心とした活動を行うことで、健全・公正で持続可能な社会の実現に貢献することを目的としています。

社会課題を解決する「経営力」を醸成する

ソーシャルビジネス事業者が抱える様々な課題に対してソーシャルビジネスコンサルタントグループがハブとなり、中小企業診断士や他士業、支援機関と連携し、解決に導く体制を構築します。

法人設立のご挨拶

ソーシャルビジネスの支援に強い意欲を持つ4名の中小企業診断士をコアメンバーとして2016年12月に一般社団法人ソーシャルビジネス・コンサルタントグループ(以下SBCG)として法人登記を完了しました。SBCGはプロのコンサルタント集団として、ソーシャルビジネス支援事業を積極的に行います。

ソーシャルビジネス研究会との連携

東京都中小企業診断士協会では、中小企業診断士同士の相互啓発や事業開発を目的とした研究会活動が盛んに行われています。
「ソーシャルビジネス研究会」はその一つで、ソーシャルビジネスを対象とした数少ない団体として、月1回の例会を中心に、理論的研究(事例調査、報告書・出版)、情報交流プラットフォームづくり、ソーシャルビジネス事業者の経営支援を行ってきました。

 

そのような研究会で培ったネットワークや知見を基に、SBCGではソーシャルビジネスに取り組む事業者様の課題に実践的なサポートを行うべく組織されました。

ソーシャルビジネス研究会は月に一度誰でも参加可能なオープンセミナーを開催しています(1,500円/回)。

決して敷居の高い研究会ではありませんので、お気軽にご参加いただき、各ソーシャルビジネス事業者様のお話を聞いて頂ければと思います。

 

ソーシャルビジネスの研究会のフェイスブックページはこちら